スポンサーリンク

LANIMGL4996_TP_V

今回実家のインターネット回線をNTTフレッツ光と別途プロバイダの契約からソフトバンク光コラボレーションに変更してどれだけ月額料金が安くなったか具体的な数字を私の実際の実例を挙げて紹介致します。

 

起

光コラボレーションとは?どうして安い?

かつてはNTTといった回線事業者(光ファイバーやADSLの提供)とプロバイダという回線を使ってインターネットに接続させるサービス提供者を別々に契約が必要でした。

それが2015年初めから法律の改正によって、ざっくり言うといろんな企業がNTTやその系列会社や委託先の独壇場であった部分に参入できるようになりました。

INA86_netwarkkk_TP_V

回線事業者とプロバイダを別々で契約することなく1つの会社にまとめて回線もプロバイダも出来てしまうのが光コラボレーションです。光コラボとも言われています。

実質プロバイダ料が差し引かれるイメージですね。余計な仲介業者が入らない分コストが下がるという仕組みはごく自然な流れですね。

つまりNTTの光回線と別途プロバイダを契約している方の場合大体は光コラボレーションにするとお得ということになります。

更に光コラボレーションを提供している会社によっては他にも特典があったりします。今回私が契約したのはソフトバンク光です。プロバイダ分が安くなるのは勿論、なんとソフトバンクケータイを利用している場合、携帯電話の使用料に対して月々割引があるのです。

ソフトバンクケータイユーザーが多い家庭では光コラボレーション分でプロバイダ料金分が節約できるだけでなく、ケータイ使用料も割引ができるのです。

オンライン上のチャットでリアルタイムに事前に相談もできて色々聞くことができますし、ソフトバンクショップといった店舗があるのは嬉しいですね。直接窓口で話ができるので安心ですね。

 

 

承

実際にこれだけ安くなった

私の場合、一戸建て住宅で固定電話の運用もしています。

以下に以前のNTTフレッツ光とプロバイダを契約していた頃と、変更した光コラボレーション(Softbank)の契約内容を実際に紹介します。

以前:NTTフレッツ光(回線事業者)+Toppa!(プロバイダ)

固定電話など月々込み込みで合計 8300円

変更後:光コラボレーションに変更したら

ソフトバンク光(回線事業+プロバイダ)

固定電話など月々込み込みで合計6200円、しかも家族ソフトバンクユーザー4人 使用料が月々 各500円割引

光コラボレーションにしただけで月々2100円も安くなっているのですが、更に世帯で考えると4人がそれぞれ500円の携帯代が月々割引されるので、携帯使用料割引が2000円となります。

合計4100円も月々お得という事になりますね。月々4100円となら1年で49,200円も節約できるという事ですね。

なかなかインターネットサービスには疎い我がファミリーなので、私があれこれ手配しているのですが、私自身のケータイはDMMモバイルです。私以外の家族4人は皆ソフトバンクケータイユーザーなので恩恵がありますし、数字が物語っているので、家族も大喜びです。

本当はもっと光コラボレーションを提供している会社を比較・研究して契約したかったのですが、家族がソフトバンクユーザーであったことと私は家を空ける事が多いので、店舗が近くにあるなど色々と考慮した上でソフトバンク光を選択しました。

人それぞれにベストな条件は異なるかと思いますので、選択肢があることは恵まれたことですし、よく検討して光コラボレーションに移行して頂ければと思います。

 

 

転

光コラボレーションにすると面倒??大丈夫!?

結論から申しますと私はまったくと言って良い程依然と変わらず使用できています。私の場合以前からNTTフレッツ光でしたので、家の内外で特別な工事や機器の設置などを行う必要なく移行(いわゆる転用)・使用することができました。

以前のプロバイダで使っていたメールアドレスは使用できないので注意ですが、今はGメールやYahooメールなどがあるのでそうしたものを使用してインターネットブラウザやメールソフトで同期していった方がスマートフォンでも使えますし、移行も簡単なので良いかもしれません。

ということで諸々の手続きはかんたんで、以前と変わらず、むしろ回線の快適さは向上したくらい?の体感で使用できています。

無線LAN, Wi-fiルータは新しくすると速度が見違えるほど向上する

光コラボレーションを検討したのは安さだけではなく、通信速度への不満もありました。同じ光回線ですが、以前のものは遅くなってきているような気がしていたのです。

光コラボレーションに変えた事をきっかけに無線LANルータも新しいものにしようと考えました。スマートフォンはじめ、Wi-fiに接続するデバイスが増えています。

日進月歩 無線LANも進化していると聞き、新しいルータを購入しました。ソフトバンク光の効果もあってか通信の体感速度も向上して大正解でした。

N695_ichimanensatu_TP_V

業者からの勧誘電話には注意

光回線やプロバイダなどを光コラボレーションに変更するのが今急増していますが、それに乗じて囲い込もうと既存の評判の悪い業者が契約を取ろうとしています。

非通知で電話してきて、NTTの代理店を名乗りその場で契約を取ろうとしてきます。業者間で名簿が回っているのか分かりませんが、名前や契約内容などなぜか知られていたりします。

「安くなるから、手続しますよ」みたいな感じです。会社の名前を聞いてもネットでヒットしないような所です。こういう電話は出ないのが一番ですが、契約は避けた方が良いです。確か月額で500円くらい安くなるみたいな内容でした。

得体の知らない業者よりも自分で選んだ業者の方が少なくとも有名で信頼性が高いですし、プロバイダ料金分だけで月額で1000~2000円くらいお得になるはずです。更に各光コラボレーションの特徴で更なる特典があるのでしっかりとした光コラボレーションを自分から選択する方がお得で納得のいくものとなります。

 

 

結

光コラボレーションは絶対やるべき!!超お得!!

CAT9V9A9145_TP_V

まとめておさらいすると、2015年以前のNTTとプロバイダの両方契約している形式では光コラボレーションをすれば高い確率で同等の回線環境で価格が安くなります。

プロバイダ分(大体月額で1000~2000円)が安くなるだけでなく、各光コラボレーションを提供している会社であれば更なる追加特典があります。

おすすめなのがやはりセットで割引にする方法です。私はたまたま家族にソフトバンクケータイユーザーが何人か居り、ソフトバンクケータイの契約と光コラボレーションを紐付けで携帯使用料のセット割引ができました。

その他の光コラボレーション提供先でもそれぞれの特典や強みなどがあるはずです。そして世帯それぞれでのインターネットの運用状況も異なるかと思いますので、店舗やインターネットの無料相談チャットなど活用してベストな選択をしてみてください。

今回はインターネット回線でしたが、電気料金や携帯電話など月々固定料金が掛かっているものは競争が激しく、独占市場という状況から変わって競争や価格破壊が起こり得ますので、放っておかずに定期的に乗り換えや転用を検討することも頭の片隅に留めておくと良さそうです。


スポンサーリンク