PP_tobitatuhikouki_TP_V

自身がスーパーフライヤーズ本会員の場合は自信のご家族を家族会員に、ご家族がスーパーフライヤーズ本会員の場合は自身を家族会員にすることができます。しかも本会員の年会費の半額で!!家族会員でもほぼ本会員と同じ優遇を受けることができるため非常におすすめです。

 

 

起

スーパーフライヤーズカードを手に入れるのは大変!!

 

本会員になるにはどれだけ大変なのか、ANAスーパーフライヤーズにはどういう特典があるのか紹介します。

本会員になるためには

結構厳しいです。スーパーフライヤーズカード(SFC)取得のためのANAマイル獲得と「SFC修行」と呼ばれています。修行と呼ばれるほど厳しい条件なのです。

【条件】

  1. ANA便やスターアライアンス便に、1月1日から12月31日までの1年以内に、5万プレミアムポイント(50,000のうち、ANAグループ便で25,000ポイント以上が条件)が必要です。日本~アメリカ間の往復で1万マイルなのでかなり大変です。国内線はプレミアムポイントがつきやすいので、国内線の毎週定期で飛行機に乗る人は達成しやすいです。
  2. 上記①達成後の翌年4月から1年間、プレミアムメンバー「プラチナサービス」となります。ただし、5万プレミアムポイント達成の翌月からすぐに「プラチナ事前サービス」というものが始まります。
  3. プラチナサービス、ダイヤモンドサービスの提供期間中にだけ、SFCの申込をすることができます。これを逃すとプラチナメンバーになっても、SFCの申込をせずに提供期間を過ぎてしまうと、またイチからマイル修行をしなければなりません。

上記①~③行った上でスーパーフライヤーズカードの年会費を払って持つことできます。

スーパーフライヤーズカード一覧:

https://www.ana.co.jp/amc/reference/premium/sfc/#section01

super flyers gold card私の所有しているANAスーパーフライヤーズゴールドカードの『家族カード』

 

ana superflyers card

毎年贈られてくるスーパーフライヤーズカードです。基本的にこのカードだけの掲示で何事もOKですが、海外などはゴールドの方を見せないと反応してくれない時があります。できるだけこちらの青いカードを出すようにして、いざと言う時はゴールドの方を見せることにします。

そして重要なのが、こんなに本会員になるのが大変なのに家族カードは本会員の年会費の半額を支払えばマイルやプレミアムポイントを貯めなくてもスーパーフライヤーズ資格を持つことができるのです。中学生や高校生でもスーパーフライヤーズの家族カードでラウンジや優先搭乗ができるということです。

POK150208575945_TP_V

年会費半額なのに本会員とほぼ同じ特典や待遇を受けることができるのです。本会員のカードともう1枚家族カードを持っておくと四人家族全員ラウンジに入ることができます。せっかくスーパーフライヤーズの資格を手に入れたのですから、家族カードを取得しておきましょう。私の思う最大の特典かもしれません。それくらい家族カードは持っていて得をすることが多いカードです。

 

 

承

特典・優遇が凄い!!

 

スーパーフライヤーズ会員の特典:

https://www.ana.co.jp/amc/reference/premium/service/sfc.html

本当にたくさんの特典と優遇があります。

私が特に使い、恩恵を感じている特典
  • 国内線の座席指定の優先、空席待ちの優先

通路側や前の方の座席など指定をして自分の好きな座席のリクエストが優先されます。

    • チェックインカウンターで優先レーン使用可能(ビジネスなど)

自分がエコノミークラスの登場でもビジネスクラスの人たちが使う優先チェックインカウンターを利用できます。中国など混雑するチェックインカウンターでもスターアライアンスグループの航空機でしたら優先レーンのチェックインカウンターからチェックインできて恩恵をとても大きく感じます。

    • 荷物の優先受け取り

預け入れ荷物は現地に到着するとベルトコンベアでグルグルと出てくるのですが、それが優先的に出て来て待ち時間が物凄く少ないのです。

    • 手荷物や預け入れ荷物の許容量が優遇される

国内線・国際線で、預け入れできる荷物がプラス1個分増えます。長旅や長期出張に物凄く便利です。普通は超過料金などお金を払わなければなりませんが、スーパーフライヤーズの特典として、1個分無料です。

    • 優先搭乗できる

通常よりもワンテンポ早く搭乗できます。その最大のメリットはいち早く座席にいくことができ、座席頭上の荷物を入れるスペースを先に確保できるメリットがあります。

    • プレミアムエコノミーに無償でグレードアップ

日本からアメリカやイタリアなど遠距離のフライトでは、エコノミーとビジネスの間くらいのプレミアムエコノミー席があります。そこが空いていれば、優先的に無料でアップグレードしてもらえます。実際私もアメリカの往復分、エコノミーのチケット料金でプレミアムエコノミー席に座ることができました。

    • 空港内の指定ラウンジに入ることができる

大体どこのラウンジも入るのに1000円以上かかりますが、ANAラウンジなどにチケットとカードを掲示するとタダで入ることができます。しかも同伴者1人も無料でラウンジに入ることができるのです。年4,5回ラウンジを利用すれば、カードの年会費の元が取れてしまうのです。国際線のラウンジではジュースやお酒といった飲み物は当然、ラーメンやカレーなどの食事、シャワーも無料です。Wi-Fiもあります。しかも食べ物のレベルがなかなか高く美味しいです。

 

 

転

スーパーフライヤーズになるためのプレミアムポイントを得る為には

 

繰り返しになりますが、ANA便やスターアライアンス便に、1月1日から12月31日までの1年以内に、5万プレミアムポイント(50,000のうち、ANAグループ便で25,000ポイント以上が条件)が必要です。1年勝負です。

スーパーフライヤーズカードを手に入れるのは主に下記の方法です。

  1. アメリカ旅行やイタリア旅行などに行った年に1万プレミアムポイントがたまると思います。その年に狙ってみる。
  2. 国内線・国際線を会社の移動等で定期的に行っている人はチャンスがあります。
  3. 効率の良い区間を把握してプレミアムポイントを稼ぐ

特に③に関しては、沖縄方面を絡めると航空券のチケットを控えめにしながらも高いプレミアムポイントがつくようです。そうした攻略方法で大学生にしてプレミアムメンバーになった猛者もいるようです。大学生でもバイトして海外旅行など行っている人が多いので、そのついでにもできそうですね。

マイルを貯めるための「定番ルート」と呼ばれるものもあるから驚きです。

  • 羽田 – 石垣島往復 旅割75などを利用して料金控えめに
  • OKA – SIN 沖縄経由のシンガポール行き

沖縄方面を絡めるなど、このあたりが物凄い効率でプレミアムポイントが貯まるそうです。

YMD96_ishigakijimanoumi20120729_TP_V

 

 

結

スーパーフライヤーズカード資格があるなら取るべき!未だの人は狙っていくべき!!

  • スーパーフライヤーズカード(SFC)を持つことはとっても大変
  • 苦労する甲斐があるほど特典や優待が物凄く素晴らしい
  • スーパーフライヤーズカード取得やプレミアム会員のプラチナやダイヤモンドになるためにわざわざポイント効率の良い区間の飛行機に乗っている人が世の中には居て、それをするだけの素晴らしい優遇を受けられる

上記のようにスーパーフライヤーズカードのメリットは多く、本会員の家族であれば、本会員の年会費の半額を支払いさえすれば、ほぼ同じ優遇を受けることができるので、家族会員・家族カードの取得を猛烈におすすめします。

本会員カードは年に5回も国際線に乗れば年会費の元が取れるような優遇を受けられますし、家族カードであれば3回くらい国際線に乗れば年会費の元が取れる優遇が受けられます。つまり本会員になれる程ANAの飛行機に乗っている方は、スーパーフライヤーズカードの申し込みをするとほぼ確実に元を取ることができますし、その恩恵を家族に共有できて更に元を取ることができるということです。


スポンサーリンク