インフルエンザやコロナウイルスなど季節によって感染症がありますが、その際には身の回りでマスクをつける人々が大勢います。

マスクの効果を本当に知ってか知らずか、つけている人も居れば、効果がないと言って、全くつけない人など様々です。

結論から言うとやはりマスクはするべきです。その理由を一部論文からも引用して述べていきます。

起
マスクの効果が薄いと言われる意味

ウイルスが微小でマスクのフィルターを通過できてしまう為と、目などの粘膜からも侵入してしまう為です。これは事実です。

その理由は、市販の不織布製マスクでは5ミクロン、医療用で0.3ミクロン、ナノフィルターで0.03ミクロンの大きさまで防ぐことができます。

インフルエンザウイルスが、0.1ミクロン、コロナウイルスが0.10.3ミクロンと言われています。ナノフィルターと呼ばれるものでなければ実質マスクをしていても通貨してしまいますね。ナノフィルターのマスクを使っていても目が開いています。一般的なマスクのほとんどは効果が薄いと言われるのはそうした事実からでしょう。

効果が実証されているのは手洗いだけ

裏付けがあり効果があるのは手洗いと言われています。感染のルートはやはり何かした触った手で口元や目元などを触り、粘膜から体内へ侵入してしまうケースが多いです。

 

承
マスクには間接的な効果が多い

マスクをつけてもインフルエンザやコロナウイルスにかかる可能性があるのは上記からの理由ですが、直接的な効果が薄いにしてもマスクをするべき理由は多いです。

飛沫をおさえる

せきやくしゃみ、会話などのつばといった飛沫を抑えることで感染の拡大を防ぐのに効果は間違いなくあります。

口元を手で触る機会を激減

つい手で口元を触るというのはクセでやってしまうことが多いと思います。口元をマスクで覆ってしまえばそうした回数は激減しますよね。

乾燥から守る

一般的に感染症は乾燥しているときに流行しやすいです。マスクをすることで鼻と口・喉を乾燥から守ることが出来ますね。風邪などの対策にはなります。

精神的な影響

マスクをすることで常に対策の意識が持てるのと、周囲に対するマナーになります。自分がマスクしていても他にマスクがしていない人がいるとイラっとしますよね。ストレスは免疫力・抵抗力を低下させるので、周囲の人々をイライラさせたり、自分の評価を落とさないためにもマスクはするべきです。自分でも気を付けるし、周囲に対しても感染をさせないという意識が重要です。

マスク着用にインフルエンザ予防のエビデンスはあるか?–EBMによる検討Evidence of facemask for prevention of influenza infections(千葉科学大学薬学部)

という論文内にも記載されていますが、マスクを一日中またはほとんどしっかりと着用している人はインフルエンザになる確率が0.26倍に低下、つまり約4分の1になったという結果もあるようです。それは単純にマスクの効果とは言えないが、手洗いや除菌などの意識が高いことが考えられるとのこと。

created by Rinker
ソフトーク
¥10,998 (2020/06/02 04:25:10時点 Amazon調べ-詳細)

 

転
免疫力・抵抗力を上げるべし

マスクや手洗いだけでなく、自身の抵抗力を上げる取り組みも必要です。これも確実にできることです。免疫力・抵抗力を上げることで、最悪の事態ですが感染したとしても重症化しにくいです。重症化すると発見が早まるという意見もありそうですが、重症化は人命に関わることなので、免疫力・抵抗力は必要です。

免疫力・抵抗力を上げるには、充分な睡眠、適度な運動、バランスのとれた食事などでしょう。また体を冷やさないようにするのも重要です。

私が特に取り組んでいるのはヨーグルトなどの乳酸菌の摂取ですね。アレルギー対策などでも良くこの乳酸菌が効果あると言われますが、善玉菌の働きとお通じ改善による新陳代謝活性化は重要です。ヨーグルト好きですし。あとは湯舟につかることですね。血行促進とリラックス効果があります。

 

結
やはりマスクはつけるべき!直接的ではなく間接的な効果あり!

市販のマスクではウイルスが通過してしまい直接的な効果は薄いと思われますが、マスクをすることで飛沫や口・鼻の粘膜を触る頻度を下げられますし、感染に対する意識を持つことができます。

マスクをするのは予防の観点だけではなく周囲への配慮といったマナー、感染を抑えようという意識が重要なのです。こうした意味でもマスクをすることで、対策や感染を抑制しようという人々の暗黙の意思表示、共通目標の目標に向かっていくことが重要と考えます。

末筆となりますが、このブログを楽しんでくださっている皆さま本当にありがとうございます。免疫力・抵抗力を落とさないようにくれぐれもお体をご自愛くださいませ。