ボーナス

2016年のボーナス貰いましたか?私はしがないサラリーマンですが、今年も賞与を貰う事ができました。そして増えていました!ありがたや!!

ということで早速使い道を考えて行きます。貯金?勿体ないですね。貯金も大切ですが、2016年の今だから得する使い道があります。

この記事のあらすじ子芝居
N06uN06u

やったー!夏のボーナス、ゲッツ&ターン・リバース!(くるんくるん|彡)

男性A男性A

古いよ!で、そのボーナスは何に使うつもりなんだい?

N06uN06u

メインは海外旅行さ、残りは両親に贈り物と貯金かな。

男性A男性A

海外旅行か~、今は円高だから良いかもね。

N06uN06u

そうなんだよ、それに海外は良いよ。旅行先の良さもあるけど日本の良さにも気づくことができるし、自己投資っていうのかな。そんな感じさ。

男性A男性A

一丁前に意識高いな!サラリーマンのクセによっ(笑)!

N06uN06u

ちょっと、それ言っちゃおしまいよ。旅の土産話と円高効果で割安になったお土産あげるよ

男性A男性A

お土産が安くなることわざわざ言うなよ。。。

 

 

起

みんなの2016年ボーナスは?

NKJ56_mankenmottekuchiwokakusu_TP_V

私は微増でしたが、世の中のみなさんのボーナスの状況はどうでしょうか。

マイナビニュースより『中小企業の夏ボーナス平均は25万9,133円 – 昨年より約2万円減』という記事が出ていました。

2016年の正社員への夏季賞与平均支給額は25万9,133円。これは2015年夏季賞与平均支給額27万8,389円と比較すると1万9,256円減の結果であるとのことです。

昨今の流れでは、2020年東京オリンピックも決まり、増税して物価も上がってきてというところで大方ボーナスの額は上がるという意見が多くありました。

その反面昨今の円高で苦しんでいる企業もあるとニュースや新聞で報道されていましたので、恐らくそちらの部分が大きかったのではないかとも考えられます。

電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」を利用している既婚女性からのアンケートでは51%の家庭が「ボーナスが出る見込みがない」と回答しているようです。旦那さんがちょろまかしているのでは?思ってしまうような数字です。アンケート対象者に偏りがあるとも考えられますが、半分の家庭で夏のボーナスが出ないという結果なのです。

参考支給日

公務員等は6月30日

一般企業は7月初旬

参考支給額

国家公務員(管理職および非常勤を除く一般行政職)の2016年の夏ボーナスは4年連続で増加となり、平均支給額は63万4800円の見通しです。

中小企業の夏ボーナス平均は25万9,133円、昨年より約2万円減と比べると大きな差ですね。

給料の1~5か月分と業種や会社によって様々であり、比較的公務員の方が一般企業よりも金額は大きい様です。

 

 

承

本題:私のおすすめ使い道


私のおすすめは海外旅行です。円高原油安による燃油特別付加運賃(サーチャージ)ゼロとまさに海外へ行って、様々な経験の上、円高のおかげで日本よりもブランド品や現地の土産物を安く購入することができるのです。

実際に旅行代理店の知人に伺ったところ、ツアーや航空券が絶好調のようです。日本経済新聞でも取り上げられていましたね。実際に私もいくつか格安旅行を申込みしたのですが、空きが少ないようです。時期をスライドして工夫しています。

海外旅行は素晴らしいです。そこでしか見られない風景、出会えない人々、買えないものがあります。体験できないことがあります。海外旅行は自分へのご褒美にもなりますし、見聞を広めることでスキルアップや自己投資にもなります。

時にはお金を使うというのも次にお金が入ってくるサイクルには不可欠なものです。仕事や会社で少なからず我慢・ストレスを感じていると思います。そうして得た収入をまた気を張って貯金し続けていると息が詰まります。もしかしたら精神的な病になって仕事意欲の低下どころか、会社にすら行かなくなってしまうかもしれません。

自分へのご褒美に海外旅行で日本の煩わしい人間関係や世間体から離れて海外でしか見られない景色・人との出会いを体験してみてください。きっとリフレッシュできると共に次はどこへ行こうかとまた頑張ろうと意識しますし、海外へ出ることで公私ともに意識が高まります。

海外へ出てわかる日本の良さ、我が家の良さに気が付くことができますよ。

 

 

転

みんなの夏のボーナス消費平均金額(複数回答可)

【1位】貯金¥207,429(75.5%)

【2位】ローン返済¥167,261(35.9%)

【3位】子供の教育費¥132,324(31.0%)

【4位】旅行・外出をする(国外) ¥118,098(12.3%)

【5位】金融商品(投資信託、株式等)の購入・外貨預金など¥118,026(14.3%)

【6位】金融商品(投資信託、株式等)の補填¥101,627(9.5%)

【7位】新規ローンを組む¥95,268(4.3%)

【8位】商品・サービスを購入する¥70,899(67.6%)

【9位】旅行・外出をする(国内)¥57,058(44.2%)

※カッコ内はその目的にお金を使うと答えた人の割合。また、平均消費金額は「お金を使う予定はない」と答えた回答者数を除いて算出。

「カカクコム:夏のボーナス2016 ボーナスの使い道と平均消費金額」

私がおすすめする海外旅行は9位と何とかトップ10に食い込んだ形ですね。海外へ出ることに抵抗のある方も居るでしょうし、パスポートの問題もありますからね。

実際に海外は日本と比べれば危険が多いです。衛生的にも日本に住んでいると海外は汚いと思うことがあるかもしれません。

 

 

結

2016年夏のボーナスは海外旅行へGO

観光

夏のボーナスで海外旅行に行くメリットのまとめが下記です。

  • 自分へのご褒美に最適
  • 身も心もリフレッシュ
  • 自身の見識・スキルアップに繋がる
  • 一人の人間としての在り方の意識が高まる

お金を貯めることも大切ですが、お金と一緒にストレスまで溜め込まないようにしましょう。今なら為替が円高なので、割安で海外のホテル宿泊・買い物・観光ができますよ。

海外旅行は一回行って終わりではありません。旅行は思い出になりますし、エピソードとして会話の話題に使えるのでビジネスやプライベートでも役に立つのです。そして日本では見えなかったことに気づくことができ、日本での生活をあらためる機会を与えてくれるのです。

上記の理由から私は、2016年夏のボーナスを思い切って海外旅行することをおすすめします。


スポンサーリンク