死ぬことが怖いと思ったことは誰でもありますよね。自分がいつか死んでしまうこと、両親が死ぬこと、恋人や妻・夫が死んでしまうこと。

でも死は必ずしも悲しいことだけではありません。この記事では死についてポジティブに向き合う思考を提案していきます。

 

起
死がなぜ怖いのか

私は漠然と小学校低学年の頃にみんな死んでしまうことに恐怖を抱きました。それまでまともに死について考えていなかったのだと思います。

両親や祖父母、兄弟などみんな居なくなってしまう。自分が死んでも同様。それが恐怖に感じて夜もろくに眠れなくなったのを覚えています。

“大切な人に会えなくなる”それが本当に悲しく怖いことだと悟ったのです。
当たり前の様に一緒に過ごした時間、時には怒りを感じることもありました。でもやはり一緒に過ごした日々が素晴らしいから今後も一緒に居たいのだと強く願うのです。

急病や事故などの唐突に起こる“別れ”は非常に悲しいですが、寿命など安らかな別れもあります。死に対する恐怖をなくすまで不可能でも緩和することはできるはずです。

 

承
後悔のない今を生きよう

“大切な人に会えなくなる”そんな“別れ”は、いつ起こるか分かりません。でも確かに言えるのは死が悲しいのはその人のことを愛していたから。人を愛したという裏返しです。悲しい分だけ素晴らしい思い出があるはずです。別れが辛いほど良い出会いであったと考えられます。

「大切なことは無くしてから気付く」とよく聞きますが、今気付きましょう誰しも本当は何が大切なのかわかっているはずです。つい目先の煩悩に惑わされますが本質的に大切なものはわかっているのです。

いつでも後悔がないように大切な人と最高の時間を過ごしましょう。ゲームなんかよりも奥さんと他愛のない話をしましょう。薄い関係の友達の付き合いよりもお母さんの頼まれごとを優先しましょう。

「ああ、もっとこうしてあげれば良かった」と思うよりも、これでもかと愛する人に尽くす。もうウンザリするくらいに親切に。そうすれば悔いはなくなります。

死というものは本当に大切なものをブラッシュアップさせます。死というタイムリミットがあるからこそ、人は必死に努力することができます。

もし死が怖い・恐ろしいのであればそれは今の生活がかけがえのないものだからです。死が恐ろしければ恐ろしいほど、毎日がクタクタになるくらい努力や自己研鑽をしてみろということです。自分を追い込んでみろということです。

どれだけ辛くても面倒でも大切な人に尽くす時間に使いましょう。
私はそれでも死が恐ろしいと考えていますが、上記のような『死を恐れるのは幸せである証拠』と思うようになると心が少し楽になっています。

そしていつでも後悔がないようにしなければと自分を奮い立たせることで毎日を活動的に、人に親切に、大切に過ごすようになりました。

 

転
『後悔先に立たず』は間違いない、しかし予め悔いのないように努力できる

後悔先に立たず「物事が終わったあとで悔やんでもどうすることもできない」。後悔は文字の通り後で悔やむ事。すでに限りがある人生と分かっていれば1日1日の重要さや時間の過ごし方も変わるはずです。

嫌というくらいに濃い人生や日常を過ごしましょう。もう勘弁してくれと言いたくなるような濃厚な毎日です。仕事でも愛情でもなんでも良いです。これでもかと毎日を楽しみ切れば後悔なんて薄れます。

何が本当に大切なことなのか、それを見誤らずに素晴らしく濃厚な時間を過ごすことができれば、生活の質向上や自身の自己研鑽にも繋がり、死を恐れる暇もなくなります。

“大切な人に会えなくなる”ことを考える前に今目の前の大切な人との時間を楽しみ尽すのです。

 

結
死と向き合うことで本当に大切なものに気づかされる

死と向き合うことで本当に大切なものに気づかされます。“大切な人に会えなくなる”その大切な人は誰なのか。その人に対して後悔のないようにどのように接することがお互いに幸せなのか。

それが後になって気付くことになれば後悔になります。でも本当はわかっているはずです。本当に大切な人と何をすべきなのか。

死に向き合った時の恐怖は、それだけ素晴らしい人と出会い素晴らしい生活を送っている証拠です。
余生がまだある身ですが、自分が居なくなったら家族はどうなるのか考える事があります。人生良くも悪くも何が起こるか分かりません。必要な事項は記して残して置かなければなりません。

¥1,078 (2020/09/29 02:29:37時点 Amazon調べ-詳細)

仮にですが自分がこの世を去ることを想像して走馬灯という人生を振り返るシーンがあったとしましょう。ゲームや浮ついた人間関係の人の顔がでてくることはないと思います。

出てくるのは家族やお世話になった人のことでしょう。
目先の快楽なんて何も残らない。ゲームや浮ついた友人と出かけるよりも目の前の大切な人とかけがえのない時間を過ごす、これに全力コミットしましょう。

シリアスでポエムっぽい記事になってしまいました。小学校低学年で死の概念に恐怖し、不眠症になった私、だから背があまり伸びなかったのか・・・。あの頃の私に言ってあげたい、全力で1日を過ごせるように寝なさいと。