空気清浄機エアードッグAirdog X5s正式販売を心よりお祝い申し上げます。

以前はクラウドファンディングでAirdogX5が販売されていましたが、総代理店が変更し、AirdogX5sとして一般販売されたこと嬉しく思います。

クラウドファンディング版Airdog X5と違いはほとんどないと思います。以前使用して半年くらいで記事にしたのですが、みなさんの参考になるように再び紹介します。

このフィルター交換不要で超静音・高浄化力の空気清浄機AirdogX51年以上ほぼ毎日使い続けた私の渾身のまとめ情報です。

 

起
フィルター交換不要・超静音・高浄化のモンスター空気清浄機

Airdogで検索すると大手メディアの当たり障りない記事ばかりヒットして肝心の記事が検索結果の上位にきてないじゃない、と私は正直憤りました。

大手メディアに紹介される方が多くの人に知って貰えて良いのでしょうけど・・・。

最初に断っておきますがAirdogや代理店さんからインセンティブは一切ありません。あくまで商品的に気に入ったので紹介しております。

良い商品なので、しっかりと中身のある記事を上位表示させたいという思いがこみ上げてきています。それではこのブログならではの情報をいってみましょう!

このAirdogX5の特徴と言えば以下ですよね。

AirdogX5の特徴
  • フィルター交換不要(追加費用が掛からず経済的)
  • 超静音(夜間モードがマジで静か)
  • 高い浄化能力(結構パワーがある)
  • 洗練されたデザイン(さすがシリコンバレー!見た目は重要)

※詳細スペックは公式サイトや大手メディアをご参照ください

    私同様にまずフィルターを追加購入するのが嫌だと考える人はとても多いです。フィルター自体がなかなかお高く、そのうちサポートや販売が終了してしまうのではないかという恐怖。

    フィルターが洗えるなら本体の価格が高くても購入しようと思いますね。

    私のイチオシは何を隠そうAirdogX5は“超静音”コレがマジでやばい!夜間モードにすると少し話して置けばほぼ軌道音が聞こえない。

    人一倍繊細なHSPで、特に聴覚に関してはちょっとしたことでもイライラする私ですらストレスに感じないレベル。

    画像左通常モード、右夜間おやすみモード

    浄化力に関しても自動運転にしているとこまめにセンサーが反応して風量を調整、ランプのカラーも変わってしっかりと働いていることがわかります。

    アレルギー性鼻炎の私ですが、いつも夜間の鼻づまりの症状が酷いのですがこのAirdogX5で緩和されましたね。

    空気清浄器の主流のHEPAフィルターが0.3μmまでしか対応できず、フィルター自体も劣化していきます。

    花粉30μm、細菌5μmPM2.52.5μm、インフルエンザやコロナウイルスが0.1μmという大きさなのですが、AirdogX50.0146μmを除去可能。つまりインフルエンザやコロナウイルスを理論的には余裕を持って除去することができます。

    ウイルスまで除去できて、効果も劣化せず、フィルター交換自体もない、それがAirdogX5の強みです。

     

    承
    実際にこんな感じで使っている

    実際の購入者としての情報発信は貴重かなと思います。

    私はこのAirdogX5の静音性が最大限に活用できるのは寝室ではないと思います。

    もちろんデザインが良いので、どこでも良いと思います。複数台数購入の方はお好きにどうぞ。

    私の場合は購入が1台でしたので、リビングに置いてもカッコイイと思いましたが、静音性と私の就寝時の鼻づまりを緩和させることを考えると断然寝室に置くのが優先度高かったですね。

    秘奥義!AirdogX5のラクゴロMのせ!!

    コスパな俺のAirdogX5記事と言えば、ラクゴロMは絶対に外せないです。AirdogX5を購入の際は基本的にこのラクゴロMを購入すると幸せになれると思います。

    AirdogX5をこのラクゴロMに載せるとジャストフィットなのですよね。空気清浄機って意外と部屋の掃除の邪魔になったりするじゃないですか。そんな時にこのラクゴロにのせればキャスターで楽々移動できます。

    ベッドサイドに置いてみたり、エアコンの送風先に置いてみたり楽に位置を変えられます。

    ラクゴロMは超プチプラなのに耐荷重20kgです。AirdogX5自体の重さが10kgちょっとくらいなので問題なくのせておくことができます。

    AirdogX5を特定の箇所に置く、安定性を重視する場合はラクゴロMなどのキャスターを使わず直置きの方が良いと思いますが、キャスターがあると便利な事が多いですね。

    私は基本リモコン派

    AirdogX5AirdogX5sについてくるリモコンは同じものが付いてくると思います。

    Airdog本体にもボタンがあって電源やモードの切り替えが出来ますが、私的に物理ボタンを押すのは予期せぬ故障を防ぐ意味で行いません。

    できるだけ本体の物理ボタンは使わずリモコンで長く使いたいと思います。

    物理ボタンって便利ですが、使うと壊れる可能性ありますよね。どれだけ近くてもリモコン操作で本体の物理ボタンを押さないように小さな努力をしています。

    リモコンはボタン電池で大体コンビニやスーパーで手に入る型番です。CR2025の電池です。

    電源のONOFFについて

    口コミを見ていましたが、ONは本体のボタンを1回押せば起動します。OFFにするときは2,3秒長押しでOFFにできます。もしくは上記のようにリモコンなら確実です。

    電源関係で言うとアース線もありますが、使っていませんね。コンセントのみ接続。

    故障などなかった

    心配していた故障などもなく無事に使用できています。長く使っていけばペイできるかなと思っています。目標は10年、あわよくば20年。

     

    転
    メンテナンスと気になる点(オゾン臭など)

    本当にたまーにメンテナンスをしますね。時間があって天気が良さそうな時にガッツリ洗います。

    洗ってみると、とっても汚れがついています。それだけ屋内であろうと汚れがあるという事と、いかにAirdogX5が汚れをキャッチして浄化しているということです。

    一番大きなフィルターを突っ込んだ瞬間に水が真っ黒になりました

    超敏感HSPな私から見たAirdogX5のオゾン臭

    繊細さんことHSPの自覚している私が気になるのは、空気清浄機の独特なオゾン臭です。

    イオンを出したり、電極を使ったりするとオゾンが出るのですよね。私は昔仕様していた某社の空気清浄機のオゾン臭がキツ過ぎて即オークションに出した経緯があります。

    AirdogX5も結構気にしていたのですよね。Airdogにはオゾンカットフィルターが付いており、オゾン濃度を日本の安全基準0.04ppmよりも さらに低い0.005ppmまで取り除きます。日本の安全基準を楽々クリアしています。

    正直オゾンカットフィルターがある自体「オゾン発生するんかい」と私はテンション下がっていました。原理的にオゾンは出るのですよね。

    実際超繊細な私は、オゾン臭が気になったのは起動し始めてAirdogの近くに居る時ですね。間近に近づかない限りは普段のオゾン臭はあまり感じません。

    コスパ面はまずまずまずだが・・・

    正式販売で10万円を超えてくるとなると正直考えますね。2万円くらいで空気清浄機を買うこともできるので、数年使ってフィルター交換のタイミングで買い替えるという選択肢と迷うところですね。

    ただしインフルエンザやコロナのウイルスまで除去できるのはAirdogの大きな強みです。

    フィルター交換不要で丸洗い可能の仕組みの方が、今後の地球環境やコスト面も戦っていけるのではないかと思っています。フィルター交換不要の空気洗浄機がこのAirdogを皮切りに普及する事に期待しています。

    現在日本総代理店 株式会社 toConnectサイトで正式販売

    https://www.toconnect.co.jp/shop/g/gAIR-X5-H1W130/

    正式販売おめでとうございます。

     

    結
    神経質な私が買ってよかったと思える品

    AirdogX5に関して、実際1年以上みっちり使い込んだガチユーザーの私がレビューさせて頂きましたが、今の所大きな不満はありません。買ってよかったと思っています。

    • 高性能(浄化力・静音・フィルター交換不要)
    • デザインが良い
    • ラクゴロMと合わせると便利
    • フィルターを簡単に洗える
    • 日本基準を大幅に上回る安全性
    • 今後のAirdogブランドの活躍に期待

      デザインが良くて超高機能なだけでも魅力的ですが、私はその機能性もありながら静音性が高く、その繊細さが一番気に入っています。物音を気にしがちな私でも気にならない空気清浄機です。説明文だけでも静かそうなのは分かっていたが、実際に使ってみると感動しましたね。

      AirdogX5をのせるラクゴロMとの組み合わせも自分的にはご満悦です。なかなか良い発見をしたと思います。とても便利です。

      様々なウイルスなどの対策や自宅での業務など自宅にいる時間が増えることも考えると空気清浄機自体の需要は増加していくことが考えられます。

      高性能なのはもちろんですが、今後フィルターレスやメンテナンスフリーといった空気清浄機の需要が大きくなると思うのですよね。そのあたりに空気清浄機Airdogの今後の展開に注目したいと考えています。

      フィルター交換が不要やメンテナンスが簡単に行える空気清浄機を他の企業が追いかけて類似した空気清浄機の価格や機能などの競争が生まれる可能性があります。

      鼻炎という一見ちっぽけ(本人にとっては重大)な悩みを持つ私の壮大な夢を叶えてくれるでしょうか。ぜひとも競争し合うことで更にコスパの高い空気清浄機の誕生を期待しております。

      Airdog社が他社を置き去りにしていくのか今後も目が離せません。