交友関係が狭い、むしろ交友関係がほとんどない、そういう方は実はチャンスが多いって知っていますか。人に左右されずに自分で自分の好きな事を突き詰めて行うことができます。

私も超陰キャでした。というか現在進行形です。

しかしスキルアップをしてこのブログはじめ影響力のあるメディアを運営することができています。気を落とさず前向きに自己研鑽していれば富を生み、自分の目標を達成する事ができます。

 

起
交友関係は時間のロスや嫉妬を生む

交友関係は広くて悪いとは言いません。人々が集まってくるような性格の持ち主の方が稀にいます。ただし付き合い方が大切です。

冷たいように聞こえるかもしれませんが、一生を共にお互いにメリットのある交友関係を続けるのは非常に困難です。お互いに生活の変化や価値観の変化があるからです。

自分が会いたくないタイミングでも誘われると、付き合いや愛想をしなければなりません。またお互いに親切と思って行った行動でも中で見返りやお返しをしなければと考えてしまうものです。どれだけ優れた人間関係で合っても必ず他人との関係は自分を縛るしがらみを生みます。

それよりも必ず付き合う自分自身の学習とスキルアップに注力する方が将来確実に役に立つのです。

交友関係ってそもそもお互いに気を使いますし、時間も100%有効に使うことができません。お金を使う機会を増やします。他人との比較をしてしまう機会にもなります。比較してしまうと焦りや嫉妬、逆に見栄を張ることや怠慢になる可能性があります。

ストレスの原因となるのは決まって他人とのやりとりです。他人と言う要素は自分の思い通りにはいかないものだからです。コロナ自粛期間中は自殺者が増えるのではないかという見方が多くあったと思いますが、実際は減っていたということもあるように、実は他人と合わない方が精神的に良いとも受け取れます。

 

承
自分の信じた道を他人と比較することなく突き進むことができる

重要なのは自分の決めた目標に向けて注力できる状況を作るということです。現代様々なことが“すぐ” & “簡単”に用意されてきています。例えば、何か知りたい事があればインターネットで検索すれば大抵のことは答えが見つかります。友達とちょっと話をしたければLINEで簡単にやり取りできます。

この“すぐ” & “簡単”というのが落とし穴で、自分で思考することなく結果を求める思考になってしまいます。本来物事を学び・スキルアップするには時間が掛かることです。

ブログやYouTubeで大金を稼いでいる人を見て、その結果を見て始めてみたが、成果を出せずにやめてしまったというのは数多いと思います。ブログやYouTubeに限らず、そうした結果が出ずにやめたというのはとても多く、むしろ多数派だと思います。

簡単なことです、同じ人間がやっていて“成果を出した人”“成果を出せなかった人”というのは、結果が出るまで続けられたか、結果が出るように思考をし続けたかの差です。

結果を出している人から学ぶことは良いですが、真似をしては埋もれていくだけです。自分なりに思考をしてより良いものへと昇華させるだけでなく、目標を追い抜き・誰にも追い付かれないように努力を継続することが大切です。

自分の決めた目標に向かって、他人からの評価ではなく、自分なりに試行錯誤しながら着実に自分が満足できるところまで極める。その為にもブレない他人という悪影響を受けない環境づくりが大切です。YouTubeTwitter、オンラインサロンで自分が憧れや共感、尊敬する考え方を持っている人が居れば、そうした自分を向上させる要素の確信があれば、そうしたポジティブな情報だけを入れていきます。ただし、過信はしません。あくまで参考程度に頭を柔らかく受け取ります。

結果を出す人、技術を研ぎ澄ませる人というのは、これと決めた事を誰がなんと言おうと自分のペースで継続してコツコツとどうすれば良くなるのか突き詰めた人が多いです。

ウサギと亀の話もそうです。最初に才覚を発揮して頭角を現した人は追われる立場であり、その人が一番恐れるのは、才能が無くても何よりも1点に集中してコツコツと研鑽を積み自分に迫ってくるタイプです。

 

転
交友関係が広いことを自慢するのは見栄

世の中には交友関係が広いことを自慢げにする人が居ますが、ひけらかす様な人間関係は単なる見栄です。気にしないでください。交友関係が広いように見られたい、その見栄だけです。

元お笑い芸人で友達5000人の方が結局よからぬ関係を持っていて事務所を解雇されていました。そしてその5000人もの友達も結局ほとんどが去ります。長年培ったとされる人間関係によって足元をすくわれ、最終的に多くに去られているのです。

人と人との繋がりは大切だと思います。お金に変えられないものもあるのは事実です。ただし、自分は交友関係が広く充実した人間だと思われたいと考える事や、その人間関係の中でブランド品を身に着けて見たりする見栄、他人を見下す怠慢、自分よりも恵まれた境遇の人への嫉妬、活躍を始めた人を見ての焦りは良いものではありません。

見栄は身の丈に合わない出費を生み、怠慢は自身の成長を妨げ、嫉妬はストレスを生み、焦りは結果を急ぎ過ぎてしまいます。

今一度交友関係のメリットを考え直した方が良いです。英語の勉強やブログ、YouTube、動画編集、プログラミング、投資など何でも良いですが、何か自分の資産になって結果をだすまでコミットしたいことがあるなら交友関係を削ぎ落してでも取り組む覚悟ができていれば最速で成果を出すことができるでしょう。

KADOKAWA
¥699 (2020/07/16 21:02:09時点 Amazon調べ-詳細)

廣済堂出版
¥1,430 (2020/07/16 21:27:18時点 Amazon調べ-詳細)

 

結
陰キャは全く悩む必要がない

私は超インドア派で、内向的で、交友関係も皆無です。正直悩んだ時期がありました。無理やり交友関係を広げようとしたこともありましたし、交友関係が広いフリをしたことがあります。

しかしながら著名なインフルエンサーでも交友関係を削ぎ落して、ビジネスにコミットしていることを知りって考えが改まりました。救われた気持ちにもなりました。

交友関係が狭い人ほど、他人との付き合いで余計な時間やお金を使うことなく、自分のやりたいこと、ビジネスや趣味にコミットできます。自分が求めることを自分がひたむきに取り組める環境なのです。

自分の大切な時間とお金を投資して自己成長や資産の形成に繋げましょう。交友関係を気にするのは他人からの評価であり、自身の真の目標とは別のはずです。

人間関係は人類の悩みの主な原因であり、メリットよりもリスクの方が多いです。これは個人的な価値観であり、人それぞれですが確かに冷静に考えるとどれだけ良好な関係でもそこにはしがらみが生じます。お互いに良かれと思った親切でも、お返しをしなければならない“お節介”となる可能性があるのです。

今自分が目指すべきことは、誰にも縛られずに自由に生活をすることです。そのためにも資金が必要です。例えば投資するための軍資金や欲しいものを買う資金、大切な人とできるだけ長くいる時間など本当に大切なものを見出し、それに向かってコミットする。

「陰キャ」と呼ばれようが、「友達が居ない奴」と言われようが、自分が目標とした生活を実現して豊かに暮らすことが目標です。